初めてのキャッシング

先月末、人生で初めてのキャッシングを体験しました。一般的な尺度で見ると僅かな金額なのかもしれませんが、金欠の続いている自分にとっては不安の伴う経験でした。

月末のいろんな支払いが毎月苦しくて、月の後半になると不安な日々が続きます。今月の収入と支払い額の計算を一円単位でして、ため息をつく、という日々。

収入がそれなりにある月とそうでない月のバラツキがけっこうあるため、「せめてこの支払いが一ヶ月先だったら」ということが度々あります。
それでいよいよ先月はどうしても足りない、ということになり、不足分の金額をキャッシングで調達したのです。

普段使っているクレジットカードでのキャッシングです。説明を一通りしっかり読み、手続きしました。当たり前のようにすぐにお金が振り込まれていて、それはありがたい反面、こうも気軽にお金が借りられてしまうことが少し恐くもありました。このまま癖になってしまったら恐いな、と。

キャッシングに不安があるのは、癖になってしまうことと共に、返済のことです。
借りた瞬間には、「これで今月の支払いを乗り切れる」という安心感があるために、返済のこととか、癖になったら…という不安が一瞬消えてしまうのです。

そしてそのまま次の月末がきて、また慌ててお金が足りない…ということになってしまわないようにしなければなりません。

支払いについては必ずすぐに始まることですから、今後は普段の生活費の支払いに加えて、返済額が上乗せされることになるわけです。だからその上乗せ分をどうやって調達するかについて考えて、すぐに実際にその行動に出なければならないわけです。

もう一つ、初めてキャッシングを体験して、昔からある「借金」ということに対する罪悪感のようなものが自分の中に根強くあることにも気づきました。

この罪悪感があるために、余計に不安が増してしまっていたのかもしれません。
しかし一方では、罪悪感があるおかげで、手に負えない借金を背負わないで済む、ということも言えるでしょう。

ただ実際、あっさりとキャッシングでお金を借りられて以来、こんどはこのカードのキャッシング機能をどうやって使っていこうか、という考え方に少しシフトしている様な気もしています。これは前向きなことなのか、それとも危険なことなのかは今でもまだよくわかっていません。